GMOクリック証券の特徴を紹介します

GMOクリック証券トップ

 

ここでは、GMOクリック証券の4つの特徴をまとめています。キャンペーン内容も重要ですが、特徴について事前に確認しておくことも非常に大切です。

 

1.GMOクリック証券は取引高世界第1位、預かり資産も国内第1位

GMOクリック証券取引高資産

GMOクリック証券は、FX取引高が4年連続で世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月〜2015年12月))、それに加えてFX預かり資産も国内第一位(矢野経済研究所の月次調査「有力FX企業17社の月間データランキング2014年7月〜2015年12月」)です。

 

このことはGMOクリック証券が多くの人に選ばれ活発に取引されていることを示しています。

 

2.GMOクリック証券はドル円のスプレッドが0.3銭、ユーロ円は0.6銭

GMOクリック証券のスプレッドGMOクリック証券は複数の通貨でスプレッドが業界最狭クラスになっています。

 

GMOクリック証券のスプレッドは取引数量によって変動しますが、最小のスプレッドは、ドル円0.3銭ユーロ円0.6銭・ポンド円1.1銭・豪ドル円0.7銭・NZドル円1.4銭・ユーロ/米ドル0.5pipsとなっています。

 

3.GMOクリック証券には多彩な取引ツールがあります

GMOクリック証券ツールGMOクリック証券には、WEBブラウザ用ツール・PC用ツール・スマートフォン用取引アプリ・スマートフォン用新取引アプリが存在しています。

 

Android用ツールとしてはFXroid+、iPhone/iPad用ツールとしてはiClickFXneo+、PC用のツールとしてははっちゅう君FX+とプラチナチャート+があります。

 

4. GMOクリック証券は損益即日受渡、最大500万通貨発注可能

GMOクリック証券即日500万.

 

GMOクリック証券では、損益が即日受渡されます。

 

また、最大で500万通貨の注文を1度に出せるので、資金量の多い方にもおすすめできます。

 

GMOクリック証券のスペックを一覧表形式でまとめています

GMOクリック証券のスペックは以下の通りです。

 

GMOクリック証券スペック



取引時間

月曜午前7:00?土曜午前7:00
(月曜午前7:00?土曜午前6:00 / 米国夏時間)

取引可能な通貨ペア数

18通貨ペア

取引可能な通貨ペア

米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、南アフリカランド/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、ユーロ/ポンド、ユーロ/豪ドル、ポンド/豪ドル、ユーロ/スイスフラン、ポンド/スイスフラン、米ドル/スイスフラン

取引単位

10,000通貨単位

初回入金額

指定なし

入金可能通貨

日本円

レバレッジ

25倍

取引手数料

無料

ロスカット

証拠金維持率が50%を下回った場合 (ロスカットの場合1万通貨当たり税込500円の手数料が発生)

両建て

可能

入出金手数料

入金:顧客負担 (クイック入金は無料)
出金:無料

クイック入金

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、イオン銀行、セブン銀行で可能

口座管理手数料

無料

顧客資産の保護

日証金信託銀行株式会社、みずほ銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行にて金銭信託

最新のキャンペーン情報

>>>GMOクリック証券の口座開設キャンペーンの攻略法を見てみる

 

https://www.click-sec.com/

 

GMOクリック証券公式サイトへ

関連ページ

GMOクリック証券の8つの取引ツールを紹介します
ここではGMOクリック証券のツールの特徴と詳細を紹介しています。