追証続出! スイスフランショックが投資家を襲った!

スイスフランショックEURCHF

これは、2015年1月15日に起きたスイスフランショックの際のEUR/CHFのチャートです。このとき、EUR/CHFはわずか数十分で約41%もの下落を記録し、多くのトレーダーが追証を抱えることになり、中には数千万円もの借金を負う人まで現れました。

 

ちなみに、スイスフランショックとは、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行が2011年9月から行ってきた無制限の介入をなんの前触れもなく突然撤廃したことによって発生しました。

 

このようなことは頻繁に起こるわけではありませんが、長く取引を続けていれば似たようなことが起こる可能性は十分に考えられます。そこでここでは、突然の大変動で多額の追証を抱えないための対策を紹介していきます。

 



取引量が多い通貨を取引する (追証対策1)

ドル

スイスフランは比較的取引量が少ない通貨です。このような通貨は急に注文が入ると一気にレートが変動します。

 

それに対して、ドル・ユーロ・円などの取引量が多いメジャー通貨はレートの変動は緩やかです。だから、メジャー通貨を中心に取引をすれば追証発生のリスクをある程度抑えることができます。

 

あらかじめ逆指値注文を入れて適切なロスカットをする (追証対策2)

これは基本中の基本ですが、逆指値注文を入れて追証になる前にロスカットすれば追証を防ぐことができます。

 

通常はこれだけで十分な対策と言えるのですが、スイスフランショックではあまりにも強烈なレートの変動があったので、逆指値注文がきちんと作動せずに追証が多発しました。

レバレッジを低くする (追証対策3)

レバレッジを低くすることも有力な追証対策となります。

 

スイスフランショックでは、短期間に41%ものレートの変動が起こりましたが、レバッレッジを2倍程度に抑えていればロスカットしなくても追証は発生しません

 

ただ、この方法だとFXのメリットの一つである資金効率の良さが失われてしまいます。

追証が発生しないFX業者を利用する (追証対策4)

海外FX業者

究極の追証対策は追証が発生しないFX業者で取引することです。

 

こう書かれると意味が分からないかもしれませんが、追証が発生しないFX業者は確かに存在します。それは海外のFX業者です。海外のFX業者では「ゼロカット」という制度を採用していて、口座残高が−になってもゼロにリセットされます。

 

海外のFX業者と言えば、言葉が分からない・入金したお金が出金できないかもしれない・業者が破たんするかもしれないなどの心配がどうしても付きまといます。でも、このサイトで紹介している海外のFX業者ならその心配はありません。

 

取引サイトやツールは日本語化されていて日本人のスタッフもいます。クレジットカードや銀行振り込みで簡単に入金出来て問題なくお金を引き出せます。さらに、業者が破たんした際にはアメリカの大手銀行や保険会社が顧客資産を保護します。

関連ページ

うわっ…私のレバレッジ、低すぎ…?ハイレバを求める人におすすめのFX業者はこれだ!
アクティブなトレーダー向けの高いレバレッジを使えるFX業者を紹介しています。
FXの利益にかかる税率についてまとめました
FXの取引で利益が出たら税金を支払わなければなりません。ここでは、利益額に応じて変化する税率についてまとめてみまし。
FXの主要なチャートの特徴と見方を解説しています
FXの平均足、MACD、移動平均線、ボリンジャーバンド、新値足、トレンドラインといった主要なチャートの特徴と活用法を紹介しています。
FXの初心者が口座開設から取引するまでに知っておくべき基礎知識
FXの初心者が口座開設をしてFXの取引をする際に知っておいてもらいたい情報をまとめています。
FX用語集[初心者が知っておくべきFX用語を解説]
FXの初心者向けにFXで良く使われる用語の解説を行っています。