FXは24時間取引可能

24時間取引可能であるということは、他の金融商品にはないFX独自の特徴です。

 

そこで今回は、株式取引とFXの取引時間と取引量を簡単に比較してみます。

 

取引時間の比較
金融商品取引時間
FX24時間取引可能 (早朝のメンテナンス時間を除く)
株式市場が開いている時間帯(主に9時から15時)と夜間

 

取引量の比較
金融商品取引量
FX24時間豊富
株式夜間は激減

 

上記のように、株式の取引時間は主に9時から15時(大証などは15時15分まで)ですが、FXは東京、シドニー、ニューヨーク、ロンドンなどの世界中の市場で取引が行われているためにほぼ24時間取引ができます。

 

また、株式取引では、夜間市場が開設されて取引時間が拡大されましたが、取引量は昼間よりかなり少なくなっているので活発な取引は難しい状況です。

 

それに対して、FXの場合は、日本時間の深夜でも、ニューヨークは昼なので取引量が落ちるということはほとんどありません。

 

したがって、取引時間においてはFXは他の金融商品に比べて圧倒的に有利であると考えられます。

FXは少ない資金で取引可能

少ない資金で取引可能であるということは、FXの大きな特徴の1つです。

 

そこで今回は、取引に最低限必要な金額に関してFXと株式取引を比較してみます。

 

FXの取引に最低限必要な金額は、1万通貨単位の取引をする場合はおよそ1万円(レバレッジ100倍)、1000通貨単位の取引をする場合は数千円くらいです。

 

一方、株式取引の場合、一般的な銘柄を取引する場合には数十万円の資金が必要になりますが、銘柄によっては数千円から取引できるものも存在します。

 

数字的にみると、株式のほうがFXよりも必要な金額が少ないようにも見えますが、株式を少ない資金で取引することには、いくつかの問題点があります。

 

まず、数千円程度の資金では株式市場に上場している銘柄のごく一部しか取引することができず、投資対象の選択の幅がほとんどなくなってしまいます。

 

次に、数千円で取引できる銘柄の多くが、経営状態に何らかの問題を抱えているために、投資の対象としては不適当であると考えられます。

 

したがって、まともに株式取引を始めようとする場合、必然的に数十万円の資金が必要になってくるのです。

 

しかし、FXにおいては最大で数百倍のレバレッジをかけることが可能なので、ユーロやドルのようなメジャー通貨の1万通貨単位の取引が、わずか数万円で可能となります。

 

このように、FXでは、3万円ほどの資金があればほとんどの通貨を取引できるので、投資対象の選択の幅を狭めることなく少額で取引することが可能です。

 

FXは投資対象の破綻リスクが少ない

投資対象の破綻リスクが少ないということは、FXの大きな特徴の1つです。

 

今回は、投資対象の破綻リスクについてFXと株式取引を比較してみます。

 

株式取引では、株式を取引対象としています。

 

それに対して、FXは通貨を投資対象としています。

 

言うまでもなく、株価は企業の業績に、為替レートはその国の経済状況に左右されます。

 

つまり、株式取引では企業を投資対象としていて、FXでは国家を投資対象としていると言い換えることができます。

 

企業が倒産して株価が暴落することも、国家の経済が破綻して通貨の価値が大幅に減少することも同様に起こりえます。

 

しかし、それが起こる可能性が同じであるといえるでしょうか?

 

おそらく、株式市場に上場している一企業が10年後に倒産している確率よりは、アメリカなどの主要国の経済が10年後に破綻している確率のほうがかなり低いでしょう。

 

したがって、株式取引よりもFXのほうが投資対象の破綻リスクが少ないと考えることができます。

関連ページ

追証続出! 恐怖のスイスフランショック・・・緊急事態に必要な対策とは?
スイスフランショックのような相場激変時に追証にならないための基礎知識をまとめています。
うわっ…私のレバレッジ、低すぎ…?ハイレバを求める人におすすめのFX業者はこれだ!
アクティブなトレーダー向けの高いレバレッジを使えるFX業者を紹介しています。
非農業部門雇用者数変化(雇用統計)とは?|過去の結果とチャートも掲載
ここでは、世界でもっとも影響力の大きい指標の一つであるアメリカの非農業部門雇用者数変化(雇用統計)について説明しています。
ADP民間雇用者数とは?|過去の結果とチャートも掲載
アメリカの経済指標であるADP民間雇用者数の紹介をしています。過去の予測値と確定値チャートも掲載しています。
ISM製造業景況指数とは?|過去の結果とチャートも掲載
ここでは、影響力のある指標の1つであるISM製造業景況指数について説明しています。
失業率(アメリカ)とは?|過去の結果とチャートも掲載
ここでは、影響力の大きい指標の1つであるアメリカの失業率について説明しています。
ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)とは?|過去の結果とチャートも掲載
ここでは、影響力のある指標の1つであるミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)について説明しています。
FXの主要なチャートの特徴と見方を開設しています
FXの平均足、MACD、移動平均線、ボリンジャーバンド、新値足、トレンドラインといった主要なチャートの特徴と活用法を紹介しています。
世界の主要国の経済情報を掲載しています
FX業者で取引されている通貨の発行国の経済の基本情報をまとめています。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、EU、スイス、カナダ、南アフリカの情報を掲載しています。
取引をする前に必要証拠金を確認しよう
FXの取引をする際に確認しておかないと大変なことになるかもしれない必要証拠金について解説しています。
FX(外国為替証拠金取引)とは?
FX(外国為替証拠金取引)がどんなものなのかを説明しています。
FXで利益を得る方法について解説
ここでは、FXで利益を得る方法について説明しています。
スワップポイントとは?
ここでは、スワップポイントについて説明しています。
FXと外貨預金の比較
FXと外貨預金の特徴を紹介し、この2つを比較しています。
FXの注文方法の特徴と選び方
FXの取引では、様々な注文方法を利用することが出来ます。ここでは、それらの特徴と選択方法を紹介しています。
FXの利益にかかる税率についてまとめました
FXの取引で利益が出たら税金を支払わなければなりません。ここでは、利益額に応じて変化する税率についてまとめてみまし。
FX業者の選び方を教えます
FXの口座をはじめて開設している人向けに、FX業者の選び方を紹介しています。