FXで利益を得る方法

今回はFXで利益を得る方法について説明していきます。

 

FXにおける売買にはロングショートの2種類があるので、その両方について利益の出し方を説明していきます。

 

ロング・・・通貨を買うことによって利益を得る方法で、プラスのスワップが得られる

 

例えば、1ドル=110円で10000ドルを買って、1ドル=120円で売ると10万円の利益が出ます。

 

外貨預金ではこの取引をするのに110万円もの資金が必要となりますが、FXでは10倍のレバレッジをかければ、わずか「11万円」の資金でこの取引を行うことができるのです。

 

ショート・・・通貨を売ることによって通貨の下落局面でも利益を出せる方法でマイナスのスワップポイントを得ることができます。

 

例えば、1ドル=110円で10000ドルを売って、1ドル=100円で買い戻すとと10万円の利益が出ます。

 

このようにFXでは、通貨の下落局面でも利益を出すことができますが、外貨預金の場合はショートができないので、下落局面では損失が膨らむのを指をくわえてみているしかありません。

 

通貨の下落局面(この場合は円高)でも利益を出すことができるということが、FXの特徴の一つです。

関連ページ

追証続出! 恐怖のスイスフランショック・・・緊急事態に必要な対策とは?
スイスフランショックのような相場激変時に追証にならないための基礎知識をまとめています。
うわっ…私のレバレッジ、低すぎ…?ハイレバを求める人におすすめのFX業者はこれだ!
アクティブなトレーダー向けの高いレバレッジを使えるFX業者を紹介しています。
非農業部門雇用者数変化(雇用統計)とは?|過去の結果とチャートも掲載
ここでは、世界でもっとも影響力の大きい指標の一つであるアメリカの非農業部門雇用者数変化(雇用統計)について説明しています。
ADP民間雇用者数とは?|過去の結果とチャートも掲載
アメリカの経済指標であるADP民間雇用者数の紹介をしています。過去の予測値と確定値チャートも掲載しています。
ISM製造業景況指数とは?|過去の結果とチャートも掲載
ここでは、影響力のある指標の1つであるISM製造業景況指数について説明しています。
失業率(アメリカ)とは?|過去の結果とチャートも掲載
ここでは、影響力の大きい指標の1つであるアメリカの失業率について説明しています。
ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)とは?|過去の結果とチャートも掲載
ここでは、影響力のある指標の1つであるミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)について説明しています。
FXの主要なチャートの特徴と見方を開設しています
FXの平均足、MACD、移動平均線、ボリンジャーバンド、新値足、トレンドラインといった主要なチャートの特徴と活用法を紹介しています。
世界の主要国の経済情報を掲載しています
FX業者で取引されている通貨の発行国の経済の基本情報をまとめています。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、EU、スイス、カナダ、南アフリカの情報を掲載しています。
取引をする前に必要証拠金を確認しよう
FXの取引をする際に確認しておかないと大変なことになるかもしれない必要証拠金について解説しています。
FX(外国為替証拠金取引)とは?
FX(外国為替証拠金取引)がどんなものなのかを説明しています。
スワップポイントとは?
ここでは、スワップポイントについて説明しています。
FXと外貨預金の比較
FXと外貨預金の特徴を紹介し、この2つを比較しています。
FXの注文方法の特徴と選び方
FXの取引では、様々な注文方法を利用することが出来ます。ここでは、それらの特徴と選択方法を紹介しています。
FXの利益にかかる税率についてまとめました
FXの取引で利益が出たら税金を支払わなければなりません。ここでは、利益額に応じて変化する税率についてまとめてみまし。