FX初心者のために必要な情報をまとめました

FXの初心者が口座開設をしてFXの取引をする際に知っておいてもらいたい情報をまとめています。

FX初心者のための基礎知識記事一覧

これは、2015年1月15日に起きたスイスフランショックの際のEUR/CHFのチャートです。このとき、EUR/CHFはわずか数十分で約41%もの下落を記録し、多くのトレーダーが追証を抱えることになり、中には数千万円もの借金を負う人まで現れました。ちなみに、スイスフランショックとは、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行が2011年9月から行ってきた無制限の介入をなんの前触れもなく突然撤廃したことによ...

国内のFX業者のレバレッジはご存知の通り25倍です。かつては、数百倍のレバレッジで取引することが出来ましたが、今は法律で上限が25倍に定められています。25倍を超えたレバレッジで取引する方法の一つに法人の設立があります。投資を事業目的とする法人を設立して法人口座を開設すれば国内でも100倍のレバレッジで取引することが可能です。ただ、レバレッジのためだけに法人を設立するのは現実的ではないし、税率も最...

非農業部門雇用者数変化は雇用統計とも呼ばれるアメリカの経済指標の中でも最も重要なもののひとつで、ドル円だけでなく他の通貨ペアにも絶大な影響を及ぼします。雇用統計とは、米労働省労働統計局が発表する統計の事で、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計されたものです。自営業者や農業従事者は数字に含んでいませんが、対象となる事業所は約40万社・従業員数は約4700万人で全米の約3分の1をカバーし...

ADP民間雇用者数とは、アメリカの給与計算代行サービス大手のオートマティック・データ・プロセッシング(ADP)社のデータを利用して、非農業部門雇用者数の予測をするために2006年5月から公表が始まった指標です。発表日は雇用統計が発表される2営業日前に公表されます(4月〜10月は21:15、11月〜3月は22:15)。雇用統計の先行指標としてマーケットの注目が高い指標なので、為替の変動が大きく注意が...

ISM製造業景況指数とは、ISM(Institute for Supply Management:供給管理協会)が発表する製造業における景気転換の先行指標です。50が景気動向の良し悪しを測る分岐点となっています。主要経済指標の中で最も早く発表されるので注目度が高い指標です。また、景気転換の重要先行指標として関心が高くなっています。それから、生産、受注、雇用等の副次指標も注目されています。発表日は、...

アメリカの失業率は雇用統計と並ぶくらいに注目度が高い指標です。失業率は、「失業者÷労働力人口×100」で算出されています。失業者には職を探すのをあきらめてしまった人は含まれないので、事実上の失業率はもっと高いかもしれません。でも、アメリカの失業率はリーマンショック直後の10%からは徐々に回復してきており、完全雇用に近い状態だと言われています。失業率の発表日時は、4月〜10月は毎月第1金曜日の21:...

ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)とは、ミシガン大学のサーベイ・リサーチセンターが実施する消費者のマインド調査を指数化したもので、1964年を100として数値を算出しています。速報値と確報値が発表されていて、速報値は300人、確報値は500人に対して調査を行っています。指標の発表日時は、毎月10日前後の金曜日(4月〜10月は22:55、11月〜3月は23:55に発表)。

ここでは、FXのチャートの中でも特に人気が高い平均足について説明します。FXの平均足は、ローソク足の実体部分の上辺と下辺に平均値を採用したもので、コマ足とも言われます。FXの平均足の最大の特徴は、トレンドが非常にわかりやすいことにあります。陰線がしばらく続いた後に陽線が出れば買い、陽線が続いた後に陰線が出れば売りという風に非常にわかりやすくなっています。FXの平均足とローソク足の違い○ローソク足の...

FXの取引では、さまざまな国の通貨を売買することになります。そのため、効果的な取引をするためには各国の経済情報を知っておく必要があります。そこで今回は、アメリカの経済について記述したいと思います。アメリカは世界経済の中心として長い間中心的な役割を果たして来ましたが、現在はサブプライムローンなどの影響もあって経済が後退局面に差し掛かっており、政策金利も低下傾向にあります。また、アメリカの通貨であるU...

FXの口座を開設して、証拠金を入金すれば取引を開始できるわけですが、FXの取引を始めてする方にとっては、いろいろな数字が並びすぎていてわかりにくいことでしょう。そこで今回は、取引画面に表示されている項目について解説しながら、実際の取引方法について説明したいと思います。※今回は、USD/JPY(ドル/円)の取引を例にして説明していきます。必要証拠金の確認注文する前にまず確認する項目は、各通貨ペアごと...

最近何かと話題になっているFX(外国為替証拠金取引)ですが、どんなものかご存じない方も多いのではないでしょうか。このブログでは、FXの取引の仕組み、専門用語、指標、取引をするために必要なものについて説明していきたいと思います。今回は、FXとは何かについて説明したいと思います。「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、少額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による通貨間の...

今回はFXで利益を得る方法について説明していきます。FXにおける売買にはロングとショートの2種類があるので、その両方について利益の出し方を説明していきます。・ロング・・・通貨を買うことによって利益を得る方法で、プラスのスワップが得られる例えば、1ドル=110円で10000ドルを買って、1ドル=120円で売ると10万円の利益が出ます。外貨預金ではこの取引をするのに110万円もの資金が必要となりますが...

今回はスワップポイントについて説明します。「スワップポイントとは、2通貨間の金利差によって受け取ったり、支払ったりするお金のことです。」例えば、ドル/円の場合だとアメリカの金利が4.50%で、日本の金利が0.5%なので金利差は4.00%となます。FXでは、この場合ドルを買ったときに金利差分のお金を受け取り、売ったときに支払うことになります。もちろんドル/円よりも金利差の大きい、豪ドル/円やニュージ...

今回は、共に外貨を扱う金融商品である、FXと外貨預金を比較してみます。FXと外貨預金の比較比較項目FX外貨預金 (定期)取引先証券会社、FX業者銀行金利3%3%レバレッジ数倍から数十倍1倍換金リアルタイム満期になるまで解約不可為替手数料 (1万通貨)往復100円から500円往復2万円※金利と為替手数料は、FXはドル/円(スプレッド+取引手数料)、外貨預金はドルの数値を記載この表にあるように、FXは...

取り引きする通貨とその数量を決定したら、いよいよ注文に入ります。FXの取引は株式取引と違って深夜にも行われているので、たくさんの注文方法が用意されています。ここでは、各注文方法の解説と為替レートの見かたについてせつめいしていきます。為替レートの見方例. USD/JPYUSD/JPYBidAsk110.97111.00為替レートには、上記のようにBidレートとAskレートが存在します、FXの取引では...

今回は、FXの取引で出た利益にかかる税金について説明します。ここでは、FX以外の副業の利益にかかる税率と比較しています。FXの取引で利益を出すと、以前は最大で50%もの税金がかかってしまいました。しかし、現在は20%の税金を納めるだけで済むようになりました。以下の表に、FXの利益額と税金についてまとめてみました。 FXとその他副業の税金比較所得額FX (申告分離課税)その他の副業 (総合課税)〜1...

今回はFX業者の選び方について説明します。現在ネットで取引ができるFX業者は数十社ありますが、誰にとっても最良の業者はどこかと聞かれても1つに絞るのは非常に困難です。というのも、その人の投資スタイルによってFX業者にたいして求めるものが異なるからです。現在ほとんどのFX業者で口座開設が無料で行えますし、多くの業者でキャッシュバックなどの口座開設キャンペーンも行われています。ですから、自分にとって最...

24時間取引可能であるということは、他の金融商品にはないFX独自の特徴です。そこで今回は、株式取引とFXの取引時間と取引量を簡単に比較してみます。取引時間の比較金融商品取引時間FX24時間取引可能 (早朝のメンテナンス時間を除く)株式市場が開いている時間帯(主に9時から15時)と夜間取引量の比較金融商品取引量FX24時間豊富株式夜間は激減上記のように、株式の取引時間は主に9時から15時(大証などは...