FXプライム byGMOの7つの取引ツールの特徴と機能を紹介しています

FXプライム byGMOには、PCブラウザ用・PCツール2種・スマホとタブレット用・ガラケー用の7種類の取引ツールが存在します。

 

ここでは、これらのツールの特徴や機能をわかりやすく紹介します。

ブラウザ版選べる外貨の特徴を紹介

 

FXプライム byGMOブラウザ

 

ブラウザ版の選べる外貨では、主要通貨の為替レートを確認しながらトレードできます。

 

また、注文の種類は成行・指値・逆指値・イフダン・OCO注文です。

 

それから、ブラウザ用取引サイトでは24時間即時入金が出来るネット入金24やパスワードなどの登録情報の変更が行えます。

 



リッチクライアント PrimeNavigatorの機能を紹介

 

PrimeNavigator注文

 

PrimeNavigatorは、パソコン用の高機能の取引ツールです。

 

PrimeNavigatoでは、チャートをクリックすることでチャート画面から直接注文することが可能です。

 

また、搭載されている売買シグナルは、移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラボリック・モメンタム・RSI・ストキャスティクス・MACD・%Rオシレーター・P&Fです。

 

 

PrimeNavigatorには音声で情報を知らせてくれる

 

PrimeNavigator音声

 

PrimeNavigatorでは、売買シグナルが発生したとき・新着ニュースが出たとき・注文が成立したときに音声で知らせてくれる機能があるので、取引のタイミングを逃しません

PCハイスピード注文画面の機能を紹介します

 

PCハイスピード注文画面

 

PCハイスピード注文画面は、大きい画面と小さい画面の2種類を選択できます。画面上の売りや買いのボタンをワンクリックするだけで注文可能です。

 

PRIMEアプリSの機能の紹介

 

PRIMEアプリS画面

 

PRIMEアプリSは、スマホやタブレットで利用できる高機能の取引アプリです。Android・iphone・ipadで利用できます。

 

 

PRIMEアプリS(スマホ)の注文画面

 

PRIMEアプリSポジション

 

PRIMEアプリSでは、リアルタイムで損益を確認しながら1タップで取引できます。

 

 

PRIMEアプリS(ipad)の注文画面

 

PRIMEアプリSipad画面

 

PRIMEアプリS(ipad)は、チャートを見ながらレートパネルを1回タップするだけでスピーディーに注文できます。

 

 

PRIMEアプリS(ipad)のチャート機能

 

PRIMEアプリSipadチャート

 

PRIMEアプリS(ipad)では、チャート画面上からタップで直感的に発注ができるので、相場に応じたスピーディな取引が可能です。

スマホ・ipad版ブラウザツールの紹介

 

Primeスマホブラウザ

 

FXプライム byGMOには、スマホ・ipad版ブラウザツールも存在します。

 

このツールは、業界最高峰の54種類のテクニカル指標に対応していて、チャートは27種類の描画オブジェクトに対応しています。

 

また、このツールはネット入金24に対応しているので、24時間即時入金が可能です。

FXプライム byGMOのガラケー用取引ツール

 

primeモバイル

 

FXプライム byGMOのガラケー用取引ツールでは、成行・指値・逆指値・イフダン・OCO注文が利用できます。

 

また、資産状況をリアルタイムで確認でき、メールアドレスやパスワードの変更が可能です。

関連ページ

FXプライム byGMOの特徴の紹介|20種類以上の投資情報が魅力
ここではFXプライム byGMOの詳しいスペックや特徴などを紹介しています。