ヒロセ通商の特徴を紹介します

ヒロセ通商トップ


ヒロセ通商は、2013年〜2015年までオリコン日本顧客満足度ランキングFX取引部門総合第1位を獲得しているFX業者です。
米ドル円のスプレッドは0.3銭、FXの取引手数料無料、通貨ペア数はトルコリラなどを含む50種類、約定速度最速0.001秒、約定率99.9%など圧倒的なスペックを誇ります。

 

また、注文方法が全部で22種類もあり、多彩な取引が可能となっています。そして、FX口座開設キャンペーンは取引条件が緩やかで獲得しやすく、口座開設後の取引キャンペーンも充実しており様々な食品が貰えます

 



 

ここでは、ヒロセ通商の4つの特徴をまとめています。キャンペーン内容も重要ですが、特徴について事前に確認しておくことも非常に大切です。

 

1.ヒロセ通商は業界最狭水準のスプレッド

 

ヒロセ通商スプレッド
ヒロセ通商は複数の通貨で業界最狭水準のスプレッドです。

 

ヒロセ通商のドル円のスプレッドは0.3銭、ユーロドルは0.4pipsで業界最狭水準で、これらのスプレッドの配信率もそれぞれ98.89%・99.43%と高い数値を記録しています。

 

さらに、キャッシュバックキャンペーンがあるので、実質的なスプレッドはそれよりもさらに狭くなっています。

 

2.ヒロセ通商は約定スピードと約定率が業界トップクラス

 

ヒロセ通商約定

 

ヒロセ通商の取引システムの売りは、高い約定率と約定スピードです。

 

約定スピードは最速0.001秒(平均0.004秒)、約定率は99.9%とどちらも圧倒的です。

 

3.ヒロセ通商はサポートが充実

 

ヒロセ通商サポート

 

ヒロセ通商は、サポートも非常に充実しています。

 

ヒロセ通商のプレミアム大反省会では、リアルトレードがうまくいかなかった人が特別に招待され、豪華な食事を食べながら、トレーダーや専任スタッフ、社長の小林氏から直接アドバイスを受けることができます。

 

ヒロセ通商のWEBセミナーでは、プロトレーダーや元ディーラーがトレード手法を動画で解説します。

 

ヒロセ通商のお悩み相談室では、お客様から寄せられたお悩みひとつ一つに小林氏自らリアルタイムで回答していきます。

 

 

4.ヒロセ通商は業界最高水準の固定スワップポイント

 

ヒロセ通商スワップポイント

 

ヒロセ通商のスワップポイントは業界最高水準です。そのうえ、主要な高金利通貨ではなんとスワップポイントが固定されています。

 

トルコリラ円は115円、NZドル円は60円、豪ドル円は50円、南アランド円は15円で固定されています。

ヒロセ通商のスペックを一覧表形式でまとめています

ヒロセ通商のスペックは以下の通りです。

 

ヒロセ通商スペック



取引時間

夏時間:月曜6時00分〜土曜5時00分
冬時間:月曜7時00分〜土曜6時00分

取引可能な通貨ペア数

50通貨ペア

取引可能な通貨ペア

AUD/CAD、AUD/CHF、AUD/JPY、AUD/NZD、AUD/USD、CAD/CHF、CAD/JPY、CHF/JPY、EUR/AUD、EUR/CAD、EUR/CHF、EUR/GBP、EUR/JPY、EUR/NOK、EUR/NZD、EUR/PLN、EUR/SEK、EUR/SGD、EUR/TRY、EUR/USD、EUR/ZAR、GBP/AUD、GBP/CAD、GBP/CHF、GBP/JPY、GBP/NZD、GBP/USD、HKD/JPY、HUF/JPY、MXN/JPY、NOK/JPY、NZD/CAD、NZD/CHF、NZD/JPY、NZD/USD、PLN/JPY、SEK/JPY、SGD/JPY、TRY/JPY、USD/CAD、USD/CHF、USD/HKD、USD/HUF、USD/JPY、USD/MXN、USD/PLN、USD/SGD、USD/TRY、USD/ZAR、ZAR/JPY

取引単位

1,000通貨単位

初回入金額

指定なし

入金可能通貨

日本円

レバレッジ

25倍

取引手数料

無料

ロスカット

有効比率が100%未満となった時点 (有効比率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100)

両建て

可能

入出金手数料

入金:顧客負担 (クイック入金は無料)
出金:無料

クイック入金

全国約380の金融機関で可能

口座管理手数料

無料

顧客資産の保護

三井住友銀行にて信託保全

最新のキャンペーン情報

>>>ヒロセ通商の口座開設キャンペーンの攻略法を見てみる

 

http://hirose-fx.jp/

 

ヒロセ通商公式サイトへ

関連ページ

ヒロセ通商の7つの取引ツールを紹介します
ここではヒロセ通商のPC、ipad、iphone、android、ガラケー向けの7つのツールの機能と特徴を紹介します。