セントラル短資FXの特徴を紹介します

セントラル短資FXトップ

セントラル短資FXの1つ目の特徴は、業界最高水準のスワップポイントが貰えるということです。取引だけでなくスワップポイントでも利益が狙えます。

 

セントラル短資FXの2つ目の特徴は、11種類もの多彩な取引ツールがあるということです。PC用のツールとしては、Web取引システム・プログレッシブチャート・クイックチャート・トレードプラス・みらいチャート・パーソナルレコード・FXライブがあります。スマホ用ツールとしては、クイックトレードプラス for iPhone・クイックトレードプラス for Android・クイックトレードプラス for iPad・携帯Web取引システムがあります。

 

セントラル短資FXの3つ目の特徴は、1,000通貨単位の取引ができるということです。

 

セントラル短資FXの4つ目の特徴は、外貨入金と外貨への両替ができるということです。セントラル短資FXで両替すれば空港の両替所を使うよりはるかに低いコストで外貨を手に入れることができます。これができるFX業者は数社しかありません。

セントラル短資FXのスペックを一覧表形式でまとめています

セントラル短資FXのスペックは以下の通りです。

 

セントラル短資FXスペック



取引時間

日本時間の月曜日午前07:00〜土曜日午前06:40
(日本時間の月曜日午前07:00〜土曜日午前05:40/ 米国夏時間)

取引可能な通貨ペア数

24通貨ペア

取引可能な通貨ペア

米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ランド/円、スイス/円、NZドル/円、カナダ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/スイス、NZドル/スイス、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、米ドル/スイス、米ドル/カナダ、ユーロ/ポンド、ポンド/スイス、ユーロ/スイス、中国人民元/円、トルコリラ/円、ユーロ/豪ドル、ポンド/豪ドル、豪ドル/NZドル

 

取引単位

1,000通貨単位

初回入金額

指定なし

入金可能通貨

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、 カナダドル、スイスフラン

レバレッジ

25倍

取引手数料

無料

ロスカット

証拠金維持率が100%を下回った場合

両建て

可能

入出金手数料

入金:顧客負担 (クイック入金は無料)
出金:無料 (外貨の出金は三井住友銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行(本店)は無料、三菱東京UFJ銀行(支店)は1,000円、その他の金融機関は1,500円)

クイック入金

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、イオン銀行、セブン銀行で可能

口座管理手数料

無料

顧客資産の保護

三井住友信託銀行にて金銭信託

最新のキャンペーン情報

>>>セントラル短資FXの口座開設キャンペーン情報を確認する

 

http://www.central-tanshifx.com/

 

セントラル短資FX公式サイトへ

関連ページ

セントラル短資FXの8つの取引ツールを紹介します
ここではセントラル短資FXの取引ツールの特徴と詳細を掲載しています。